« 週刊ポケゾーダイジェスト009 | トップページ | テレビ滅亡まであと56ヶ月 »

2006/11/11

今日に死んじゃう、君達へ

 何だかんだで来ちゃいました、11月11日。文科相宛に自殺予告の手紙が届きだして数日、その第一陣に記していた自殺の予告日が本日であります。

 この手紙の真偽は結局誰も分からない。真剣な手紙なら公然と予告した以上引くに引けないだろうし、冷やかしの脅迫だったとしてもこの手紙に感化された人たちが「嘘の自殺」に対して後追い自殺をしてしまうのかもしれない。手紙を書いたところで、世の中が激動することはなかった。粛々と時は流れ、世の中の数人がひっそりと命を絶とうとしている。

 いじめを機とした自殺が後を絶たない。あまりにも多くてニュースソースとしても魅力が薄くなってきた今日この頃だけれど、それでも今存在し続けるいじめられっ子たちに向けて疑問に思うことをここにまとめる。

「なぜ死ぬの?」 「死ぬ必要性があるの?」 「誰の為に死ぬの?」

「なぜ死ぬの?」
 そりゃいじめで辛いのは分かりますよ。ボクもいじめられっ子だったし。でもね、自ら死のうとか、その場から逃げるという選択肢はそれほど取らなかった。逃げると言っても課外活動をボイコットしたり、大学に入ってようやく不登校といった所かな。しかし君は、死を以ってこの世から逃げようとしている。なぜだ?いじめっ子がいるならさ、徹底的に立ち向かえばいいんじゃないの?それを周りは「ケンカ」っていうんだけれど、最近ケンカをする人って少ないよね。大人になるといろんな責任を背負い込むから、そうやすやすと手出しはできん。でもさ、君はもっとのびのびできるはずだ。道具はいらない。命を絶つエネルギーで、いじめっ子に素手で立ち向かえばいいじゃないか。

「死ぬ必要性があるの?」
 学校のいじめ問題で核となっているのは、いじめっ子が優遇されている仕組みにある。いじめをしても、大人達が隠してくれるからね。大人は信用ならないよ。でもさ、いじめっ子って大人達がいなければ只の犯罪者なんだよ。世の中では、君たちの方が正しい。先にあげたケンカもしてないなら、尚更正しい。これから君を必要としてくれる人が必ず出てくる。その人を待たずして死んでしまうのかい?
 今ボクは、ボクを必要としてくれる所でお仕事しています。お仕事はいいよ~!頑張った分だけおこづかいが入るんだ。1時間で1000円、今日は10時間半頑張ったから後で10500円もらう予定。君がお仕事をするのはもうちょっと先になるんだけれど、世の中が面白くなるのは学校を卒業してからだ。その面白さを知らずして、この世をオサラバしてしまうのかい?ちなみに、卒業してお仕事をするようになるといじめっ子とも永遠にオサラバできるようだ。いじめから開放される為に、別に死ぬ必要は無いのだよ。

「誰の為に死ぬの?」
 間違いなく言えるのは、今ここで死ぬことはいじめっ子の為になるということだ。だってさ、いじめっ子って「消えちまえ!」とか「死んじまえ!」とか君に言う訳でしょ?その通りになっちゃったらさ、いじめっ子にとっては喜ばしい限りじゃないですか。今一番憎い奴の為に死ぬなんて、おかしいだろ?
 でさ、君が死んだところでいじめはなくならないんだ。また新たないじめられっ子が出来て、同じことが起きるわけ。今までいじめを苦に自殺した人たくさんいるけど、もう30年いじめはなくなっていない。残念ながら自殺という選択肢で、世の中良くはならないのだよ。だからこそ君にお願いしたい。このまま大人になって君に子供が出来たとき、その子供をいじめから守ってくれなかろうか?そのためにいじめを耐える技術を身につけてほしい。そして子供に伝えて欲しい。なくならないいじめに耐えられる強い心をもった子供たちを増やす力になってほしい。そして、もちろん、君も死ぬエネルギーを心の強さに変えて欲しいと切に願う。

 長文お付き合いいただきありがとうございました。

俺はまだ死んでないぜ 未来はまだ輝いてるぜ
君はまだ俺を好きか

俺はまだ燃えているぜ もっとすげえことやってやるぜ
君はまだ俺を好きか

(略)

やること全部裏目に出た それもわかってる
命がゆっくりつぶされていくんだ
俺の心も体もズタズタのボロキレだ

負けねえよ 逃げねえぞ 明日はどっちだ 君はどこにいる

<「明日はどっちだ!」(真心ブラザーズ)より一部抜粋>

« 週刊ポケゾーダイジェスト009 | トップページ | テレビ滅亡まであと56ヶ月 »

コメント

>「誰の為に死ぬの?」
間違いなく言えるのは、今ここで死ぬことはいじめっ子の為になるということだ。だってさ、いじめっ子って「消えちまえ!」とか「死んじまえ!」とか君に言う訳でしょ?その通りになっちゃったらさ、いじめっ子にとっては喜ばしい限りじゃないですか。今一番憎い奴の為に死ぬなんて、おかしいだろ?

私はこのような考え方はしたことはなかったのですが大変共感できました。その通りですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49408/12638910

この記事へのトラックバック一覧です: 今日に死んじゃう、君達へ:

« 週刊ポケゾーダイジェスト009 | トップページ | テレビ滅亡まであと56ヶ月 »

次回のNONFIX

最近のトラックバック

Trackback御免!

無料ブログはココログ

Life

BlogScouter